老化予防のカギは抗酸化作用

肌の老化を招く要素は色々あります。年齢を重ねるのは誰も同じですが、年齢よりも若く見える人と老けて見える人がいます。元々持っている肌質も多少は関係していますが、それよりも後々の生活習慣などが肌や身体のサビを招き、肌年齢の差を分けるのです。

 
人間が生きていくうえで呼吸で酸素を取り込むことは必要不可欠です。酸素は欠かせませんが、体内に入る酸素の数パーセントが活性酸素になります。活性酸素は本来、体内に侵入したウイルスと闘ってくれるのですが、増えすぎることで正常な細胞まで攻撃して酸化させてしまうのです。これがさびの原因です。金属がさびるように肌もさびると老化を引き起こすのです。

 
この肌老化を防ぐためには活性酸素が増えすぎないように気をつける必要があります。活性酸素の原因は紫外線に当たることや喫煙、ストレス、ジャンクフードなどの乱れた食生活です。紫外線に当たらないように気をつけ、食事を改善することが大切です。特に抗酸化作用のあるものを食べることはとても大切です。ビタミンやミネラル、亜鉛などをバランスよく食べると活性酸素の除去につながります。

 
活性酸素を除去することは肌だけでなく身体の老化も防ぎ、病気の予防にも効果的なのです。