エイジングケアは何歳から?

同じくらいの年齢なのに若々しく見える方と年齢よりも老けて見える方がいます。元々の肌質などもありますが、ほとんどの場合はお手入れや生活習慣の違いから見た目の差が出てしまうのです。

 
老けさせる原因として、一番に挙げられるのは紫外線です。紫外線はシミの原因になるだけではなく、肌内部のコラーゲンを壊してしまい、結果的にシワを作ります。徐々に蓄積されていくため、すぐに肌が衰えるわけではなく、じわじわと肌の内部でダメージを与えているのです。

 
また、活性酸素の増加や乾燥なども大きな原因の一つです。乾燥が進むと肌の水分が常に少ない状態になり、みずみずしさが失われていきます。活性酸素が増えると細胞が酸化し、肌だけでなく身体の老化の原因にもなるのです。紫外線や喫煙、食生活の乱れは活性酸素を増やす原因となります。

 
老けないために大切なことは、紫外線に当たらないことと生活習慣を改善することです。紫外線の弱い冬も含め、年中UVケアは行うようにします。また、食事では抗酸化作用のあるミネラルや亜鉛、ビタミンを積極的に摂り、ジャンクフードやスナック菓子は控えます。

 
アンチエイジングは何歳から始めればよいというわけではありません。しかし、大気の汚れや食品添加物の増加などで老けやすい現代、早めに対策を行うほうが良いのです。