未分類

「肌がプルプルになった」、「きめが細かい肌になった」という、ローションパックをエイジングケアのためにしてみた人の声を聞きます。
上記のように肌がなめらかになる、またコットンと化粧水・水だけで簡単にできるこのパックにより、美容液が肌に染み込みやすくなります。

 

このパックの作り方については、先ずコットンを水で濡らして、次に両手を使って挟むような感じで水気を切り 、コットンに500円玉くらいの分の化粧水を含ませて3枚に裂きます。

gf2160330729l
それぞれのコットンを広げるような感じでソっと伸ばしたら、1枚目は目、2枚目は鼻、3枚目は口のための空気穴を開けます。
そして、作ったパックを顔に貼り付けます。
1枚目は目からアゴにかけて、 2枚目は目からおでこにかけて、3枚目はアゴから首にかけて、コットンがしわにならないよう、ピンと貼り付けます。
3分くらい貼り続けます。
その間、その化粧水が肌に充分に染み込むよう、手のひらでコットンを軽く押さえてください。
コットンを折りたたみながら、顔全体を抑えます。
そうしたら、手のひらで化粧水をなじませましょう。

 

このようなパックは1日2回、朝と夜にしましょう。
このことはエイジングケアの1つです。

年齢とともに老化現象は進んでいきます。30歳ころまでは見た目の変化に気付かないこともありますが、確実に日々身体の細胞が老化していっています。
個人差もありますが、30代半ばころから見た目の変化が激しくなっていきます。

 
老化現象とは、体力や筋力の低下、免疫力低下、病気、不調、肌のシミ、シワ、たるみ、白髪、薄毛など様々です。
これらの老化現象を食い止めたり進行を遅らせるというエイジングケアがあります。

 
有効なのは、身体の内側からケアすることです。化粧品などを使ってのエイジングケアは肌のみに効果がありますが、一時的なものです。
身体の内臓からケアすることで健康な細胞が育ち、正常に機能して病気も不調も改善、そして美容にも効果があるのです。

 
身体の内側からというと食事内容のことですが、より多くの栄養を摂取しようとして多くの食事を摂取すると胃腸に負担がかかります。
必要な栄養分のみ効率よく摂取するにはサプリが最適です。

 
現代の農作物は痩せた土壌で育っているものや、季節問わずの年中栽培で栄養分が少なくなっています。

 
老化現象を食い止めるには、想像以上の栄養分が必要です。見た目の変化を感じるためには通常の食事では栄養が足りないのです。

人間の肌は年齢を重ねるごとにハリやつやがなくなってしまいます。

 
それは、肌にとって大切な栄養素が年をとるごとに減少していくからです。
そこで大切になるのがエイジングケアです。

 
一般的にエイジングケアは化粧品で行うイメージがありますが、食事でも行うことが出来ます。
身体にとって必要な栄養素は、ビタミン、ミネラル、タンパク質、脂質、糖質などです。

 
特定の食材を多く摂取するよりも、バランスの良い食事をすることが大切です。
エイジングケアのためにする食事の場合、食べ過ぎて太るのは良くありません。
食べ過ぎにには注意する必要があります。

 
また、肉類を食べる際には脂身の少ないものを食べるように心がけましょう。
しかし、油分を一切とらないのは逆に身体に良くありません。

 
そこで、魚やナッツ類を食べるのが良いでしょう。
魚やナッツ類にはエイジングケアに優れた良質の油分が含まれており、さらに低カロリーなのでダイエットにも最適です。
エイジングケアでは、体内の毒素を出すことが大切です。

gf2160280277l
食物繊維を多く含んだ豆類、根菜類、いも類といった野菜類を取る必要があります。
一般的にも言われていますが、美しい肌を作り出すためには野菜類を取るのが良いです。
食生活を見直すだけで、美しい肌を手に入れられる可能性は十分にあります。

飲み物にはこだわっていますか?飲む量、タイミング、質などでエイジングケアの強い味方になることをご存知でしょうか。

 
むくみで悩んでいる方にとって、飲みすぎは大敵でしょう。飲めば飲むほど体に溜まっていく状態になっているかもしれません。それは、体内のものが外に排出されていないからです。運動などで汗を流し、出ていくものと入るものの流れを作ってあげることが大切であり、これにより新陳代謝も正常に行われます。さらに、むくみや代謝の悪化などの悪影響は他にもあります。お肌のターンオーバーが正常に行われないことにより、しみやしわなどが増えてしまいます。飲んで出す、この働きがしっかりとしていないだけで見た目はもちろん肌年齢にも差が出てくるのです。お酒は循環を悪くする原因になってしまいますので、美容のためにも飲みすぎは控えましょう。

 
こだわりたいのは、水です。冷蔵庫で冷やしたものや氷をたくさん入れたものは美味しく感じますしリフレッシュ効果はありますが、代謝を良くするためには好ましくありません。できるだけ常温のものを飲むようにしましょう。ゴクゴク飲むようなこともできるだけしないように心がけましょう。美容のためには、定期的に適量を飲むのが理想です。

同じくらいの年齢なのに若々しく見える方と年齢よりも老けて見える方がいます。元々の肌質などもありますが、ほとんどの場合はお手入れや生活習慣の違いから見た目の差が出てしまうのです。

 
老けさせる原因として、一番に挙げられるのは紫外線です。紫外線はシミの原因になるだけではなく、肌内部のコラーゲンを壊してしまい、結果的にシワを作ります。徐々に蓄積されていくため、すぐに肌が衰えるわけではなく、じわじわと肌の内部でダメージを与えているのです。

 
また、活性酸素の増加や乾燥なども大きな原因の一つです。乾燥が進むと肌の水分が常に少ない状態になり、みずみずしさが失われていきます。活性酸素が増えると細胞が酸化し、肌だけでなく身体の老化の原因にもなるのです。紫外線や喫煙、食生活の乱れは活性酸素を増やす原因となります。

 
老けないために大切なことは、紫外線に当たらないことと生活習慣を改善することです。紫外線の弱い冬も含め、年中UVケアは行うようにします。また、食事では抗酸化作用のあるミネラルや亜鉛、ビタミンを積極的に摂り、ジャンクフードやスナック菓子は控えます。

 
アンチエイジングは何歳から始めればよいというわけではありません。しかし、大気の汚れや食品添加物の増加などで老けやすい現代、早めに対策を行うほうが良いのです。

いつまでも若々しく美しい状態を維持したいと考える場合、プラセンタやコラーゲン、ヒアルロン酸など、アンチエイジングに効果がある化粧品やサプリメントの摂取を心がけるというのも一つの手段ですが、もう一つ大切にしたいのが、成長ホルモンの分泌です。
このホルモンは、その名前の通り、成長を促す為のホルモンで、成長期を過ぎると関係がないホルモンではないかと考える人もいるでしょう。
ですが、このホルモンには、細胞分裂を活発にし、新陳代謝を高めていく働きがあります。
アンチエイジングに効果がある事で人気のプラセンタも、これと同じ働きがある事で、若返りに効果があるとされています。
ですから、このホルモンを意識する事で、常に新しい細胞を生み出し、若々しい元気な状態でいる事ができるのです。
このホルモンを身につけたいと考えた場合、22時から2時の4時間を睡眠時間にあてる事が効果的です。

gf2160144537l
この4時間は、このホルモンが活発に分泌される時間帯であり、この時間に質の良い睡眠を摂るようにすれば、それにより、ホルモンは活発に分泌され、そして新陳代謝が高まっていきます。
この効果は、肌だけでなく、髪などにも有効で、いつまでも若さを保ちたい場合、このホルモンを意識しておく事が有効です。

肌の老化を招く要素は色々あります。年齢を重ねるのは誰も同じですが、年齢よりも若く見える人と老けて見える人がいます。元々持っている肌質も多少は関係していますが、それよりも後々の生活習慣などが肌や身体のサビを招き、肌年齢の差を分けるのです。

 
人間が生きていくうえで呼吸で酸素を取り込むことは必要不可欠です。酸素は欠かせませんが、体内に入る酸素の数パーセントが活性酸素になります。活性酸素は本来、体内に侵入したウイルスと闘ってくれるのですが、増えすぎることで正常な細胞まで攻撃して酸化させてしまうのです。これがさびの原因です。金属がさびるように肌もさびると老化を引き起こすのです。

 
この肌老化を防ぐためには活性酸素が増えすぎないように気をつける必要があります。活性酸素の原因は紫外線に当たることや喫煙、ストレス、ジャンクフードなどの乱れた食生活です。紫外線に当たらないように気をつけ、食事を改善することが大切です。特に抗酸化作用のあるものを食べることはとても大切です。ビタミンやミネラル、亜鉛などをバランスよく食べると活性酸素の除去につながります。

 
活性酸素を除去することは肌だけでなく身体の老化も防ぎ、病気の予防にも効果的なのです。

免疫力を高めれば風邪を引きにくく、病気にもなりにくくなります。それと同時に、美容にも高い効果を発揮します。血行が改善され、リンパの流れがよくなると、体内の老廃物が排出され、肌や髪も美しくなります。また新陳代謝が高まる事で脂肪が燃焼しやすくなり、いわゆるおばさん体型にもなりにくくなります。免疫の力は加齢によって低下していくので、免疫の力を伸ばすことで老化を防ぎ、結果としてアンチエイジングにつながるわけです。

 
ではどうやって免疫の力を高めればいいのかです。まずはバランスの取れた食事です。暴飲暴食をさけ、糖分や脂肪分、カロリーのあまりに高い食品はさけます。肉や、魚、野菜や果物など適度に摂取することが大事です。そして、良質な睡眠をとり、適度な運動をし、ストレスをためない生活を心がけます。また、過度な飲酒や喫煙はさけたほうがいいでしょう。

gf2160144571m
これらは一般に広く知られたことですが、その他にも免疫の力を高める方法があります。それは、体温をやや高く保つことです。平均体温が1度上がると、免疫の力は60%活性化するといわれています。では体温を上げるにはどうしたらよいでしょうか。まずは体を冷やさない事です。冷房の効いたところにずっといない、いなければいけないときは体が冷えないように衣類等で保温する、適度に汗をかく、冷たい飲み物を飲まずに常温または温かいものを飲むなどです。しょうがやにんにくを使用した料理やスープを毎日摂取することもいいでしょう。また、入浴も効果的です。冷えた体が温まるよう、熱すぎないお風呂にゆっくり入ります。このようにして、体を温め、体温を高く保ち、アンチエイジングしていきましょう。

アンチエイジングとは「抗老化」、すなわち老化を防止するという意味で、美容だけでなく健康面でも体力や運動能力を維持する、生活習慣病を予防していつまでも元気でいる、といった意味でも使われる言葉です。

 
一方エイジングケアは化粧品などでよく使われる言葉で、シミやシワ、たるみといった肌の老化現象を予防し、いつまでも若々しく保つためのお手入れのことを言います。

 
つまり、結局のところ意味するところは同じなのですが、化粧品に関しては薬事法の関係ではっきりと「老化を予防する」ということが言い切れないのです。そうした言い方が許されているのは「医薬品」だけです。それで、年齢に合ったお手入れ、というニュアンスの出る「エイジングケア」という言い方をしているのです。

 
実際には、エイジングケアの目的は肌の老化の予防です。年齢によるシミを防いだり漂白する美白成分や、加齢とともに目立ってくるシワやたるみを防ぐ効果のあるコラーゲン、乾燥による肌荒れを改善するヒアルロン酸、また最近ではプロテオグリカンやアスタキサンチンといった新しい成分も配合されるようになってきています。肌の衰えが気になりだす40代以降はもちろん、予防という意味で20代からこうしたケアに取り組む人も増えています。